新内  仲三郎 (しんない なかさぶろう) 

冨士元派四世宗家

昭和20年  六歳より新内節、長唄、小唄、端唄、日本舞踊を学ぶ

昭和30年  叔父の新内仲造に入門

昭和32年    新内仲三郎の芸名を許される

昭和59年   冨士元派六代目家元を襲名

平成9年   新内協会常任理事(平成十二年迄) 

平成12年  新内協会副理事長(現在に至る)

平成13年  重要無形文化財新内節三味線保持者に認定される

受賞:

平成元年 第44回文化庁芸術祭優秀賞

平成4年 第13回松尾芸能賞邦楽優秀賞

平成5年 第44回芸術選奨文部大臣賞

平成10年 第18回伝統文化ポーラ特別賞

以降、名古屋演劇ペンクラブ特別賞、紫綬褒章、旭日小綬賞叙勲など受賞多数

活動:

平成13年、日・中・韓三都市による「BeSeTo」演劇祭に日本代表として「風に立つ仲三郎」を公演

創作作品:

「楢山節考」「雪女」「羅生門」「千手の前」など多数

所属:

新内協会副理事長